--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/08/10(水)
『おもしろじいさん』
今は亡きうちのじいちゃんは、おもしろい人だった。

おもしろいってゆ~か天然ってゆ~か・・・


毎年、干し柿を作る我が家は、冬になると縁側の軒先に渋柿が吊るされている。
いかんせん外なもんだから、ハエがぶんぶん飛んでくる。
家族が出かけている時にそれに気付いたじいちゃんは、干し柿めがけて殺虫剤を撒き散らしていた。
もうハエのことしか頭になくて、干し柿にばんばん振りかけていたその時・・・

私の母親が帰宅。

「おじさん!何やってんの?」
 注(家の田舎では、おじいさんのコトをおじさんと呼ぶ)

我にかえったじいちゃんは、やっと干し柿に気がついた。

と・・・

何を思ったかじいちゃんは、地面に猛烈に殺虫剤をまきはじめ、
「なんだって~?」と知らん顔。

「今、柿に薬まいてたでしょ?」の問いにも

「まいてね~よ~!ハエがくるから地面にまいてたんだよ~」

の一点張り。

ごまかせると思ってたらしい。

おじさん、無理だよ(笑)


お盆で、ご先祖さまを迎えにお墓までいかなくちゃいけないって時も、じいちゃんは、ご先祖さまが自分ちの近くまで来てくれていると勝手に仮定して、お墓まで行かないし。

「ど~もごくろうさんでやんした」

って、時代劇みたいなセリフを言って、おんぶするような格好をパントマイムでする。さあ、どうぞ、みたいな感じで・・・

どうやら、ご先祖さまをおぶる気らしい。何人いると思ってんだ?

適当な時間をおいたのち、良きところで(なんせ全員じいちゃんの背中に乗るわけだから)

「さて、それでは・・・」

みたいなコトになって家へ帰る。

家へつくと、玄関じゃなくて縁側へご先祖さまを案内する。

水の入ったバケツでご先祖さまは足を洗っている(らしい)
またまた、良きところでじいちゃんも足を洗って家へ入る。

最近、家族にそのコトを訊いたら、そんなパントマイムは知らないし近所でもそんな風習はないと言う。

私の妄想なのか?

でも確かにじいちゃんは、ひとり芝居をしていた。

寝言で
「もう食えない」
って言ったり(何食ってんだ?)

時代劇のお色気シーンで、気まずい部屋の空気にばあちゃんがチャンネルを変えると
「い~トコだったのに~っ」
と、ふくれ、

今で言うところのガーデニングが趣味のばあちゃんに、雑草を抜いておいてくれと頼まれれば、庭に植えたばかりの小さなみかんの木をひっこ抜く。


ホントに、おとぼけじいさんだ。


おとぼけっぷりに気付いたのは、じいちゃんが亡くなってからで・・・

生きてるうちに気付いてたら、楽しかっただろうな~って思う。

反抗期が早く、家庭で悪態ばかりついてた私は、じいちゃんと話をしたり遊んだりしたのは、小学校の低学年までだったように思う。


じいちゃんが今も生きていたら、あたしは毎日突っ込みの入れっぱなしだろう。

「オイオイっ、おじさんっ!!」



・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

★ランキングに参加しています★

【FC2ブログランキング】


【レシピブログ】

・・・・・・・・・・・・・・・・

12 Jun 2006 10:30 am.~

現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。