--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/12/25(月)
『クリスマスの思い出(料理はひとつ前の日記を見て下さい)』
クリスマス
・クリスマスの思い出・

随分前にテレビを見て号泣したコトを書きまして・・・

その中でダウンタウンの浜ちゃんが歌う「チキンライス」の歌詞が、私のクリスマスの思い出に少しかぶるって書いたんですが

今日はクリスマスなのでその話を・・・

「チキンライス」は・・・
子供の頃たまに家族で外食した時に、豪華な物を頼むと二度とつれてきてもらえないような気がして、いつもチキンライスを頼んでいたって歌詞があって、親に気を使っていたそんな気持ちが、今の子供に理解できるかな?と書いている

私の子供の頃のクリスマスの思い出は・・・
________________________________

クリスマスが近くなると、近所の個人商店がケーキの予約を受け付ける

いつもは刺身や漬物を買うその店で、バタークリームのケーキと鶏のモモの照り焼きを予約する

「ケーキ取りに行かなくていいのかっ?!」
なぜかテンションが上がってしまっているばあちゃんが叫んでいる
「まだやることあんべよっ!後で行くって言ってんべっ!」
舌打ちしながら答える母親

ほとんど喧嘩だ

弟も私も早くケーキが見たくてウズウズしている
食べたいというより「見たい」

私の誕生日と弟の誕生日、そしてクリスマス

ケーキは年に3回だけ我が家にやってくる

ツリーが欲しいと言ったら、じいちゃんが近所の林から杉の木を切ってきたことがあった

布団に入れる綿を少しもらい、折り紙で人形を作り、金色の折り紙で星も作った

果たしてそれは、七夕さまのようだった

何に使うためにそれがあるのか未だに分からないのだけれど
うちには大きな大きな薄手の紙がいつもあった

私はそれに大きなもみの木の絵を描いた

テレビの教育番組で、子供たちと一緒にもみの木を描いているお兄さん
うちにはツリーがないけど、これに描けばいいんだ

そうだ。紙に描けばいいんだ

大きな紙にクレヨンで描かれたクリスマスツリーは
幼稚園に入る前に描いた落書きが、消えずに残ってしまっている汚れた壁の上に貼られた

誕生日やクリスマスにはカレーを食べた
子供の好きな料理と言えばカレーという発想だったのだろう

シチューやスパゲティなんてシャレた物が食卓にのぼるコトなんてなかったし、今でものぼるコトはない

6畳の茶の間に置かれたコタツの上の真ん中には、夕方取りに行ったケーキの箱が置いてある
その周りを囲むようにして、家族6人のカレーの器
平たい皿ではなくて、船みたいな形の昔ながらのカレー皿
持ち手に銀紙で飾りが付いた鶏のモモが、和風の絵の付いた小皿に載せられて目の前に置かれる

ケーキを箱から誰が出すかで少し争そい、母親が箱を持ち弟がケーキを取り出す

誕生日みたいにろうそくに火をつける

「電気消せよぉっ!」
またばあちゃんが叫ぶ

さて、いざろうそくを消すとなったら何と言って消せばいいのか皆目分からない

みんな口をもぐもぐさせながら、結局は何と言って消したのか
「メリークリスマス」だったか「クリスマスおめでとう」だったのか

みんなで声を揃えて何かを言うことなんてなく、ちょっと台詞じみたそんなのが恥ずかしくてたまらない

テレビでは流行りのお笑い芸人が、頭から水をかぶったり走りまわったりしている
「くだらねえ。バカが」
父親は鼻で笑うけど、だからと言ってそのテレビを見るのは嫌いではないらしい

白いご飯も食べたいと言う祖父母の前には、少なめに盛られたご飯

ろうそくを消した後は普段の夕食の風景だ

白菜の漬物でご飯を食べる祖父
鶏が噛み切れないと騒ぎ出す祖母
晩酌ですっかりいい気分になり、子供らにちょっかいを出しては叱られる父
カレーをおかわりし、鶏で口のまわりをギトギトにしながら、目でケーキを追う弟
我関せずともくもくと食事を続ける母

絵本の中のクリスマスは、暖炉の部屋にツリーがあって
ツリーの下にはプレゼントの箱が置いてあった
シチューにケーキに肉の塊

そこに漬物なんてない

薄暗い茶の間の汚れた壁に貼られたツリーの絵を眺めながら、少しハシャイで見せる私

夕飯は終わり、風呂に入りそそくさと床に入る
夜中に母親がプレゼントを置くことは知っている

サンタがいないってコトは幼稚園の頃から知っているのだ

ハシャイだ子供のふりをして、枕元に靴下を置いて寝る
自分の靴下は小さいからと、父親の靴下を借りたのだったか

朝起きると靴下の中には、当時流行っていたアニメのキャラクターが描かれた手袋が入っていた

キャラクターの付いたものが嫌いな、少し変わった子供だった私はその手袋を見て悲しくなった

オカアサンハワタシノコトワカッテナイ

そんなコトを思ったのは一瞬のコトで、すぐさま
「わ~い!」
とわざと大声をあげた

言いながら「わ~い」というのも如何なものかと考えた

「サンタ来たか?」
腹巻の間に手を入れた父親がにやにやしながら聞いてくる

「来たよー!」
大げさなくらい大きな声でハシャイで見せた

私は母親が編んでくれた赤い手袋が好きだったのだ
手の甲にお花の刺繍がしてある手編みの手袋

今思えばとても簡単な刺繍の技法だけれど
その頃の私には母親は天才なのじゃないかしら?と思えるステキな刺繍
お友達にもその手袋の刺繍を自慢して回った

(刺繍の手袋が好きなのに・・・)

母が買ってきてくれたそのキャラクターの手袋を、私はさも嬉しそうにはめ笑ってみせた

そのアニメが好きでいつもテレビで見ていた私
それがついた手袋をあげたら喜ぶだろうと母は買ってきたに違いない

母の気持ちを裏切ることが嫌だったし
貧乏ではないけれど裕福でもない我が家で、プレゼントを買ってくれることなんてあることじゃなく
こんなのいらないと言ったら二度と買ってもらえなくなるんじゃないか?
そんないやらしい考えが浮かんでは消えた

クリスマスになるとあの手袋のコトを思い出す

朱色の小さな手袋のコトを


・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★

思うところ | トラックバック(-) | コメント(4)
マナミ
なんだか忘れかけてた子どもの頃の気持ち、
少しだけ思い出しちゃいました。
そういえばいつからか、家族よりも友達や彼氏とイベントを過ごす
ことが楽しくなっていたなぁ。家族と過ごしたささやかなクリスマス・・・
懐かしく思えます。忘れたくないですね、そういう思い出。。
2006/12/25(月) 20:06:20 | URL | [ 編集]
isao(♀)
【マナミさま】
私はサンタがいないって知ってましたが、サンタさんを信じてた子供の頃のコトとか、家族でケーキをかこんだコトだとか
懐かしい思い出は忘れないようにしたいですね♪
2006/12/26(火) 08:43:46 | URL | [ 編集]
こっちゃん 
なんだか笑って泣けた。。。 なんなんだろう この気持ち。。。

ただ今は親でありおばあちゃんとなった私は昔を思い出し親のありがたみが痛いほどわかる。。。

家だってそんなに裕福じゃなかったけど子供に悲しい思いをさせないように親はケーキやプレゼントらしきものを用意してくれたっけ

どこかで嬉しかったり悲しかったり。。。

なんなんだろう こんな気持ちを忘れさせないクリスマスって?

2006/12/26(火) 11:50:38 | URL | [ 編集]
isao(♀)
【こっちゃん】
なんかね、クリスマスなんてよく分かってないうちの親も、私が喜ぶからね、ケーキ買ったりプレゼント買ったりね
ありがたいな~って思う
夢のようなクリスマスを過ごす子供時代も楽しいけど、こういう思い出もなんだかキュンとなって、私個人としてはなかなかいい思い出です♪
クリスマスって不思議だね☆
2006/12/26(火) 13:31:32 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


★ランキングに参加しています★

【FC2ブログランキング】


【レシピブログ】

・・・・・・・・・・・・・・・・

12 Jun 2006 10:30 am.~

現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。