--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/02(金)
『ピラフとロールキャベツのオーロラホワイトソースと写真の想い』
料理を作る人
・ご飯作ったり・
ふむ
・脈々と受け継がれたり・

ピラフをオーロラホワイトソースで  ※写真はクリックでデカ画像に
ピラフオーロラホワイトソース

ロールキャベツをオーロラホワイトソースで
ロールキャベツオーロラホワイトソース


ピラフにオーロラ色のホワイトソースをかけたのはてんきちのばーちゃんさんのレシピです
すっごく美味しくて簡単なのでおすすめですw

ピラフは炊飯器で作ったら芯がスゴクて食べられそうにない代物に・・・
玄米だから難しいみたい・・・
なので、炊飯器の中身をフライパンに戻して炊きなおしました

パエリアを作った時の感じでやったらうまくいったのだ♪

最初からフライパンのみでやった方がうまくいったみたい
玄米のクセを覚えたつもりでいたんだけど、まだまだだな・・・

ロールキャベツの中身は、豆腐と玉ねぎたっぷりと鶏肉少し
すっごくあっさりしてるのに、しすぎてないトコがすごく美味しいw
オーロラホワイトソースでロールキャベツを食べたら美味しいだろうなって思って、実はまずこっちを作ったのw
ホワイトソースは冷凍してあったから楽ちんだし

で、余ったソースで翌日にピラフを作ったってわけなのだ

ホワイトソースとケチャップを合わせるの?マジで?
って感じだけど、これ、美味しいです♪

  ※下線文字をクリックするとレシピが出ます

____________________________


前に実家に帰った時に押入れの中を見てたら、この写真が出てきたの

ばあちゃんと近所の人(?)
戦時中

オトンの姉ちゃん
おねえちゃん

どこかに旅行に行った時のばあちゃんたち
イカしてる


最初の写真は戦時中の写真
ばあちゃんは竹やり訓練とかしたって言ってた

うちにはゴミを燃やすための場所があるんだけど(田舎なので燃えるゴミは家で燃やしたりなんかしてます)その辺りに逃げ込むための穴を掘ったんだとも言ってた

私の幼なじみの女の子の家には防空壕が残ってる
家が少し小高い場所にあって、すごく小さい四角い穴が崖状になってる所に開いてるの
中を覗いても暗くて狭くて、そこに入っていったら奥に死体があるんじゃないかって本気で思っててすごく怖かった

2枚目の写真は父の姉ちゃん
中3で心臓の病気で亡くなったらしい

うちのばあちゃんは子供の縁に恵まれなかった人
その当時は栄養面とかいろんなコトで、どこの家もそうだったのかなあ・・・

生まれて間もなく亡くなったり、幼くして亡くなった子供たちが何人もいる
みんな元気だったら父は4~5人くらい兄弟がいたはずだ

やっと育ったふたりの姉弟
なのに姉は亡くなってしまい、長男でもともと大抵のコトは聞いてもらえた父は一人っ子となり全てのわがままが通るようになった

6人家族だった我が家は大皿におかずが盛り付けられると、父は他に5人家族がいて、育ち盛りの私と弟がいることなどおかまいなしで食べ物を独り占めして、言うコトが通らないとキーキーと声をあげた
ばあちゃんは、オレの(ばあちゃんは自分をオレと呼ぶ)育て方が間違ってたってよく言ってた

その育て方は間違っていたのかもしれないけど、たて続けに子供を亡くし、たった一人残った息子をなんとしても生かしたかったんだろうと思う

子供の頃、叱られるたびに私はこう言って泣いた
「姉ちゃんが生きてたら助けてくれたのに」

亡くなったお姉ちゃんの写真は、小学生の頃の私にとてもよく似ている

髪型も顔もとてもよく似ている

よく似た顔のそのお姉ちゃんが生きていたら、よく似た私をかわいがり助けてくれると思っていたのだ

写真でお姉ちゃんが立ってるのは、うちの台所の建物の前
畑仕事をしてそのまま入れるように土間になっていて、なんとカマドがあったのだ
もちろんガスレンジもあったけど、大量に蕎麦を茹でたり赤飯を炊いたりとカマドは活躍していたのだ

窓際には古くて細長いテーブルが置いてあって、映画の家族ゲームみたいに一列に横に座ってご飯を食べる

今思うとホントに不思議な、画像が残ってたらそれこそ映画みたいな
そんな台所

今は建て直して全然違うけど、この写真を見ると小さい頃を思い出す

冬になるとカマドでぐらぐらと湯を焚き、その湯に水を足して顔を洗った
痛いほど冷たい水で顔を洗うのはかわいそうだというばあちゃんの心使い

お正月が近づけば何升もモチ米を蒸し、大量にモチをつく

子供がダメなのは親が悪いからだと、父は叱られず自分だけ叱られた母が台所のすみでそっと泣いてる後ろ姿を見て、ばあちゃんさえいなければと思ったりもした

台所の窓の枠の木にチョークで描いたかわいい女の子の落書きがあって
すっごくかわいくて上手で(幼稚園児だった私の目にはすごく上手にうつった)「これ、お母ちゃんが描いたんだべ?」って聞いたら
知らない、そんなの知らないとシラをきられたコト
今思うと、その時の母は29歳くらい
ヒマをもてあましてそんな子供じみた落書きをしたけど、それがばあちゃんにバレたら大変と思ったのだろう

たった一枚の写真なのに、いろんなコトが思い出されて
いろんな気持ちがアフレテくる

みんなみんな台所での出来事

最近はデジカメでぱちりと撮って、いらない写真はその場で消して
私もそうしてるしすごい便利だけど

写真を撮るコトの非日常みたいなのはそうそうない

写真一枚見て、こんなにも思いがアフレルのってなかなかない

この写真の頃のばあちゃんは、将来をどう思ってたんだろう
この写真の頃の姉ちゃんは、自分があと少しで死んでしまうってコトをどこかで感じてたんだろうか

写真一枚にたくさんの気持ちがアフレテいる

いい思い出も悪い思い出も大切な思いだ


追記*3枚目の写真、かっこいい!バッグの感じとか服とかね
     なんかいいので載せてみました



・【FC2ブログランキングに参加しています】・

★↑クリックされた数で、順位が決まるシステムです。

つたないブログを読んでいただいて、ありがとうございます★

てんきちのばーちゃん
こんばんは~
遅い時間にお邪魔します。
炊飯器で玄米ピラフは難しかったみたいですね。
最近の炊飯器は玄米コースもあるみたいだけど、お水の量とか炊く時間とか白米とは違うみたいですね。
私は昔、玄米は圧力鍋で炊いていました。
最近は発芽玄米を食べているので炊飯器で普通に炊けます。
いさおさんはフライパンで玄米のパエリアを作っちゃうのね。
凄いわ!
上手に炊きなおして美味しく出来て良かったです。
お料理上手なんですね~
又色々なお料理にソースを活用してみてくださいね。
2006/06/02(金) 23:19:35 | URL | [ 編集]
黄昏の電信柱
確かによく似てますね、昔は兄弟がいたにしても大人になるまでに生きられない子供たちが多かった、私の父も兄弟が3人早世している。しこの私も姉が生後まもなく死んでる。子供のときに夢に死んだはずの姉さんが出てくることが良くあった。生きているもう一人の姉さん(今も元気です)にいじめられたりしたときに、無意識が夢を見せるのかな? 
 昭和30年代後半までは小児医療は今からにしてみるとひどいものだったらしい、今は子供の数が少なくなって小児医療の質の低下が気になる。昔は医療が遅れていたために大人になれなかった子供たちがたくさんいた。だから子供は大事に育てた、今は子供たちが虐待されたり誘拐された挙句殺されたり、どうも大事にされていない。さびしいなあ
 さて、今日は岩井(坂東市)で79歳のじいさんが座長をしている劇団に客演してきた(同心の役)。元気なじじいだ。
2006/06/04(日) 01:37:55 | URL | [ 編集]
isao(♀)
【てんきちのばーちゃんさま】
炊飯器でピラフ、余裕で簡単に出来ると思ってたんですけどダメでした。玄米を甘く見てました(笑)
発芽玄米、食べたいな~wそれならいろいろ使いやすそう♪

このソース、これから活躍しそうです
ありがとうございました♪
2006/06/04(日) 09:56:32 | URL | [ 編集]
isao(♀)
【黄昏の電信柱さま】
やっぱりそうなんだ!早くに亡くなってしまう子供が多かったのね・・・
虐待やら何やら、ちょっと考えられないコトもたくさんあって、そういう意味では子供は大事にされてないね
大事にしてても、自分のおもちゃかペットくらいの感覚の人もいるしね・・・
まあでも、私の知り合いの子供はみんな大事にされてるよ♪
それが当たり前なんだけどね・・・

「元気なじじいだ」←いやいや、あなたも元気なじじいですよ。
おっと、失礼!元気なお父さんですよ(笑)

2006/06/04(日) 10:09:42 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


★ランキングに参加しています★

【FC2ブログランキング】


【レシピブログ】

・・・・・・・・・・・・・・・・

12 Jun 2006 10:30 am.~

現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。